天王寺【玄三庵(げんみあん)】低カロリーランチでダイエットに最適飯!

健康ランチが食べられると女子に絶大な人気をほこる玄三庵。ダイエッターや野菜をたっぷり食べたい人におすすめなメニューがあります。しかもごはんおかわり無料というサービス!

天王寺玄三庵メニュー

定番で人気ナンバー1は「二十四節気の健康定食」(1,570円)です。旬な小鉢4品と選べるメイン・ご飯という内容で、だいたい2週間くらいの周期で変更されます。

今回は10月6日~19日のメニューになります。

メインは肉か魚を選ぶことができますが、肉を選びました。健康鶏のマリネソテーで、ハニーマスタードソースにくるみといちじくを砕いたものが散りばめられています。

温野菜が添えられていて、本当にホッとする味でした。そしてもう1つ、

健康鶏と温泉卵のゴマダレ丼(1,330円)

これは丼なのでご飯のおかわりはできませんが、無料で大盛りにすることはできます。

この胡麻ダレが甘酸っぱくて美味しい!ご飯が雑穀米と玄米から選ぶことができます。

玄三庵では必ず食前に飲む野菜ドリンクがあります。注文をする前に運ばれてきてサービスとなります。

レタス・小松菜・キャベツ・ホウレン草・水菜
ローズマリー・きなこ・はちみつ・りんご
イタリアンパセリ

実はこれ自宅で作ってみたんですけど全然同じような味にならない!

やはりプロは凄い。

玄三庵で出されるお水は常温水で麦飯石が浸かっているものになっています。麦飯石とは、残留塩素や雑菌など不純物などを吸い取りミネラルバランスを整える効果が。味もまろやかになり口当たりのいい水になります。

玄三庵のその他のメニュー

基本、玄三庵のメニューの種類は少ないのですがこのカレーもなかなかの味でダイエッターには避けたいカレーが美味しく健康な味になっているのでおすすめ。

玄三庵ランチカロリー

1番人気の二十四節気のカロリーを紹介します。メイン以外の小鉢4品で160キロカロリー前後、お味噌汁で38キロカロリー、メインの肉と魚によって少し差がありますが、だいたい600キロカロリー内で作られています。

なのでご飯などもトータルすると、800キロカロリーくらいで抑えられています。野菜を中心とした内容なので脂質も少なくまさに健康食!

天王寺玄三庵の営業時間とアクセス

天王寺ミオプラザ館の4階にあります。

営業時間:11時~22時
※ ランチタイムは11時~17時まで

天王寺玄三庵の店内

天王寺ミオプラザ館の玄三庵は所せましとテーブルが並んでいます。少し隣との距離は近いですが、入り口付近はソファー席もあり幼児でも安心して座らせることができます。

ベビーカーは入り口にたたんで置き、抱っこして店内に入っていくようになっています。

窓側や壁側はカウンター席になっていてお一人様の場合は、たいていこちらに案内されます。あたたかい雰囲気の照明で落ち着く店内です。

平日と土日の混雑状況は?

平日でも11時台くらいの早い時間帯から席が埋まっていきます。12時半から13時くらいが1番混む時間帯ですが待ち時間は5分くらいで済みます。

これが土日祝となるとランチタイムはかなりの行列ができます。待合椅子が5席ほどありますが名前を書いて近くで待つか、ミオプラザをブラブラして時間を過ごすかになります。

だいたい週末の待ち時間で15分~20分くらいでGWなどの大型連休となると30分くらいは待つ覚悟が必要。



玄三庵のホントの口コミ

ミオプラザ館のランチで圧倒的な人気店「玄三庵」

同じ天王寺に似たようなお店の「実身美(サンミ)」がありますが、ご飯とお味噌汁おかわりし放題という点では玄三庵の方がお得感はあります。

行列しない日はない!絶大な人気店「実身美」メニューを紹介!

ゆっくりしゃべりながらランチタイムを楽しみたいな11時には到着して、ソファー席を狙いましょう!

玄三庵はポイントカードを発行していますが雨の日はポイントが2倍になります!

客のほぼ9割は女性客で占めていて600kcal以内でカロリーを抑えたメニューと、野菜を楽しみながら食べれる工夫ある調理法に人気の秘密があるのかも。

関連記事

  1. 【無印カフェ】選べる小鉢でカスタマイズランチ

  2. 【焼肉ライク】席・コスパ・量すべて大満足のランチタイム

  3. 【きりんじ油そば】見た目とのギャップあり!スルスルすする汁なしラーメン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


 
天王寺民
 
ほぼ毎日、天王寺のどこかでご飯を食べている地元民です。お店のおすすめ情報や本当の口コミを発信しています。お仕事の依頼やお問合せは紙飛行機をクリック