【甘党まえだ】どこの店舗行く?限定メニュー紹介!

天王寺が発祥地の【甘味処まえだ】は和風スイーツが美味しいカフェです。実は店舗によって少しメニューが違ったり、簡単なランチメニューや限定スイーツがあります。食べたいもので、行くべき店舗を決めてみよう!

店舗別メニュー内容

店舗によって少しメニューの内容や料金が違うんです。限定メニューやセット内容などを比べてみよう!

あべちか店

↑ きなこ好きにはたまらんサービスが期間限定でやっています。他にもにゅうめんなどの軽食セットも何種類かあります。

MIO(ミオ)店

MIO(ミオ)限定メニューの「ほうじ茶寒天ミルク」

あべのキューズモール店

クリームみつ豆セット(750円)

冷たいみつ豆と温かいみたらし団子が食べられる満足セットです。ドリンク付きですが、+50円で柚子茶に変更できます。

甘党まえだランチはある?

ふんわり卵とあんかけきしめん(700円)

甘党まえだでは軽食ランチとして麺類を提供していますが、その中でも断トツ人気がこれです。めちゃくちゃ優しい味のお出汁とたっぷりの卵に梅干しがきいています。つるんとしたきしめんとお豆腐は、超低カロリー!12時半頃になると完売することが多いのでお早めに!

にゅうめん(600円)

澄み切った綺麗な温かいお出汁に、極細のお素麺はペロッと食べられます。焼餅が2つも入っていてお腹もちしそう!

天王寺「まえだ」店舗別の店内の様子

店内の様子の雰囲気も店舗によって少し違いがあります。それぞれ好みがあると思いますが、あなたが落ち着ける場所を選びましょう。

あべちか店

4人掛けのテーブル席が4つ、カウンター席、2人用テーブルが5つ、そのほか喫煙席もあります。

白と薄い木目を基調とした明るい店内です。入り口付近はソファー席でややゆったりしていますが、ベビーカーはたたんで入り口付近においてからの入店となります。谷町線天王寺駅から上にあがった「あべちか」の中にあります。

MIO(ミオ)店

ミオ本館のレストラン街にあります。長方形の店内で同じタイプのテーブルが並びます。一番狭い店舗で、客層は若い女性が多く活気があります。

あべのキューズモール店

3つの店舗の中で1番広いです。色々なタイプの座席があり好きな席を選べます。おひとり様用のカウンターもあるのでちょっとした休憩にも使えそう。ベビーカーなどはこの店舗をおススメします。

抹茶パフェ(750円)

割と軽めの抹茶味のパフェです。わらび餅・白玉・寒天すべて抹茶づくし!

天王寺「甘党まえだ」店舗別営業時間

大阪には6店舗ありますが、そのうちの半分は天王寺に集中しています。

◆ 天王寺MIO店
11時~22時(Lo 21時半)

◆ あべちか店
10時~21時50分(LO 21時半)

◆ キューズモール店
10時~21時半(Lo 21時)

「まえだ」お持ち帰りメニュー

実際にお店で焼いた出来立てのものを持ち帰ることができます。みたらし団子の賞味期限は1日のみですが、家族も喜ぶので10本くらい毎回購入します。

天王寺「まえだ」店舗別まとめ

天王寺にある3つの店舗を紹介しましたが、客層や混雑時間などそれぞれ特徴があるので面白いです。メニューだけでなく料金も若干ですが、違いがあります。

MIO(ミオ)店以外は入店時に料金を支払い、席に着きます。

ゆったり落ち着けるのは「あべのキューズモール店」ですが、メニューの内容では「あべちか店」が好きです。その時の気分や一緒に行く人によって行く店舗を変えてみては?

関連記事

  1. 【Les feuilles|レ・フィーユ】焼き菓子とチーズケーキが美味しい隠れ家カフェ

  2. 【四天王寺茶屋】テレビで紹介!四天王寺ロールとカフェメニュー

  3. 天王寺カフェ【tsumugi】ゆったり席と上質の大人の空間!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


 
天王寺民
 
ほぼ毎日、天王寺のどこかでご飯を食べている地元民です。お店のおすすめ情報や本当の口コミを発信しています。お仕事の依頼やお問合せは紙飛行機をクリック