天王寺ご飯全メニューを見る

【HOOP】出店舗とメニュー・値段を紹介!行列がすごい店はどこ?



2020年9月13日に天王寺のHOOP(フープ)の地下にダイニングコートが誕生しました!アーティストによるデザイン空間で400席のスケールの大きい、フードコートです。

※2021年10月からいくつかの店舗の入れ替わりがありました。コロナ対策のため、席数がやや少なりなり間隔がとられています

営業時間と定休日は?

※現在は20時までとなっています(2021年2月現在)

営業日:11時~23時

定休日:なし

※ラストオーダーは22時半まで

フードエリアマップ

HOOPの地下に降りると、マクドナルドやパンケーキ専門店のButterなどがあります。ダイニングコートは自動扉を隔てて独立されています。

出店店舗とメニュー

出店しているお店は全部で10店舗になります。閉店した店舗もあるので参考にしてもらえたらと思います。

丸藤カフェ

美味しいお団子とお茶が飲めるお店です。

9種類ある中から好きなお団子とお茶をセットにした「まるふじだんごセット」がおススメです。

本格的な味で、お茶も色々な味がありくわしく説明もしてもらえるので好みがきっと見つかるはずです。

ヤドカリー

本格的なスパイスカリーが食べられるお店。やや割高なイメージがありますが、辛めのカレーが好きな人にはおすすめかもしれません。15時には「おやつカレー」が500円で食べることができるので、お試しに利用

Gongcha(ゴンチャ)

1番行列ができていたタピオカ専門店です。甘さや氷の量、トッピングまで好みにカスタマイズできます。11時半頃で30分待ちほどでした。

※2021年現在はまったく行列ができていません。いつ行っても空いていて待ち時間はゼロです。

HOOP(フープ)ゴンチャメニューと混雑状況!

食遊梅蘭

横浜老舗の看板メニュー「梅蘭焼きそば」が売りのお店です。hoop限定のメニューもあります。

カルビ火山

「骨付き肉」が閉店した後に出来たお店です。甘辛のカルビ丼ともつ鍋が人気のお店。個人的にもおすすめです。すべてのメニューがお持ち帰りできることもポイント!肉の量は特盛、火山など男性にも満足できるサイズがあります。

【カルビ火山】甘ダレ肉と本場もつ鍋の最強コンビ!量多めを注文すべし

博多LAB

※閉店しました

名物料理「鉄なべ餃子」と博多ラーメンがおすすめのお店。色とりどりのフルーツたっぷりのサワーと一緒に食べたい!

Hoop(フープ)【博多LAB】鉄なべ餃子とランチメニュー!

I.T.O肉バル

骨付きTボーンステーキは迫力満点のボリュームでビールにもぴったりな一品です。ランチタイムは30食限定のステーキランチが食べられます。

HOOP(フープ)肉バルランチ限定メニュー

みつ葉

奈良の知る人ぞ知る、ラーメンの名店が大阪初出店!メニューは少ないですが、かなりの行列ができていました。11時半頃で待ち時間40分ほど。

奈良の名店が大阪初出店!【みつ葉ラーメン】の味と内容は?!

ライスピーポー・ナイスピーポー

※閉店しました

新鮮や野菜やハーブ、スパイスを使ったアジアン料理。フルーツテイストのアルコールやパクチーなど、雰囲気たっぷりのお店です。

韓国料理bibim

ビビンバやスンドゥブを中心とした本格韓国料理。天王寺には他にも店舗がありますが、ここにしかない限定メニューもあります。

花鳥風月

大阪お好み焼きの代表ともいえる鶴橋風月の系列店「花鳥風月」は少し遅れて9月にオープンしました。ビールなどのお酒との相性もバッチリで、良い匂いがあたりに広がっています。

ドリンクメニュー

【 ビール 】

スーパードライ(480円)

とまとビール(480円)

ドライゼロ(400円)

ハイボール

ブラックニッカ(400円)

竹鶴(450円)

余一(450円)

明石(450円)

 

【 酎ハイ 】

レモン(450円)

ライム(450円)

柚子はちみつ(450円)

紅ショウガ(450円)

 

【 果実酒 】

キウイ(550円)

桃(550円)

グレープフルーツ(550円)

 

【 ソフトドリンク 】

コーラ(200円)

ジンジャーエール(200円)

オレンジジュース(200円)

ウーロン茶(200円)

ラムネ(200円)

旬菜とお酒「あんばい」

和定食や新鮮な魚が食べられるお店、あんばい。こちらも少し遅れて9月にオープンしました。お酒の種類も多く、一品料理もあり飲み屋としても利用できるお店です。

HOOP(フープ)【旬菜とお酒あんばい】メニュー一覧表!

フードコートエリア(座席)の様子

画像はコロナ前のものになります。現在はかなり席数が減らされ間隔とった配置になっています。

400席ある広いエリアですが、立食、カウンター、テーブル席の3タイプがあります。それぞれの店舗にも専用の席が設けられていますが、中央にあるどのテーブルに座っても大丈夫です。

エリアによってテーブルのタイプも色々とあって、壁側にはソファー席もあります。

HOOP(フープ)ダイニングコート利用方法

フードコートと言えば、それぞれの店舗に並び注文してお金を支払うという流れになりますが、HOOP(フープ)のダイニングコートでは並ばずにスマホで注文することができます。

【並ばずに買えるフードコート】というコンセプトになっているので、下記のQRコードを登録しましょう。

※こちらのシステムを使って注文する場合は、クレジットカードのみの決済となります。

HOOP(フープ)禁煙?タバコは吸える?

お酒が飲めるバル形式になっていますが、エリア内は完全禁煙になっています。梅蘭横に喫煙ルームが設けられています。

HOOP(フープ)ダイニングコート行ってきた感想

オープン時に行った時は、ランチ時には平日でも人で賑わっていましたが現在は(2021年11月)週末以外はかなり空いていて、3割ほどしか席が埋まっていませんでした。

今となってはどの店舗も待ち時間が全くなく、ゆったりと食事やカフェを楽しむことができるのでおすすめです。以前に比べるとアルコールが飲めるお店が減り、カフェとして利用する感じが多いかなと思いました。